コールマン LEDランタン

スポンサーリンク

キャンプといえば”ランタン”はかかせません.

アウトドアに限らず,防災グッズとしても家庭に一つは持っておきたいアイテムです.

アウトドアのランタンはガソリンランタンやガスランタンのマントル光らせ系が思い浮かびますが,テント内やトイレに行く時などの持ち運びに一苦労します.

小さなお子様が一緒なら,なおさらですよね.

スポンサーリンク



ガソリンランタン・ガスランタン

男の子なお父さんなら絶対に欲しいアイテムの一つで,もちろん私も持っています.

でも最初はLEDランタンだけで始めました.

アウトドアに慣れるまでは安全側から考えたからです.

追記:我が家は少し慣れてからガソリンランタンを購入しました.

コールマン ガソリンランタン A290
コールマン ガソリンランタン A290
10月22日の雪峰祭,いつものAQUAさんに行き,ついに買ってしまいましたよ! 最近,一番欲しかったもの.コールマンのツーマントル...
ガソリンランタン 初点火式!
ガソリンランタン 初点火式!
ガソリンランタン購入から1週間,ついに点火式を迎えました!なぜ1週間も待ったかというと,嫁さん不在の日を狙っ...

燃料系ランタンの弱点

弱点と書きましたがいつかは克服しないといけないことなので,アウトドアに慣れたら燃料系ランタンに進むことをおススメします.

まず,燃料系ランタンの天板部分はものすごく熱いです( ;∀;)

今からキャンプを始めようと思われている方は,その想像以上に熱くなると思っていただいて良いくらいの発熱です.

初めてのキャンプでバタバタしていると,つい子供から目を離しがちになってしまいますし,ヤケドしてしまったらせっかくのキャンプも大っ嫌いになってしまいます.

次に,持ち運びに注意が必要な点です.

ランタン自体が熱いことが原因ですが,子供が持ち運びするには危険がいっぱいです.

初キャンプなら子供もテンションがダダ上がりになりますが,そんな時に”禁止事項”をたくさん作ると楽しく無くなります.

ついつい

「これ触ったらダメ!!」

とか言ってしまいますが,できるだけ”ダメ”は増やしたくないものです.

もう一つは,原則テント内で使用してはいけないことです.

多くのテントは化学繊維がつかわれているのですが,難燃処理がされていないと一瞬で燃え上がります.

たとえば,ナイロン袋を燃やせばすぐに燃え広がってしまいますよね.

ちょっと強引な例えですが,テントでも同じことが起こります.

なので,燃料系ランタンを持っていても,それだけでは快適なキャンプができないのです.

これらの弱点を補完できるのがLEDランタンです.

LEDランタンで燃料系ランタンを補完

LEDランタンは電力(電池やバッテリー)があれば光を出してくれます.

しかも,ほとんど熱を発しません.

ここでは,わたしが実際に使っているLEDランタンについて使用感を紹介します.