TOYOTOMI レインボーランタンストーブ

スポンサーリンク

インドアであろうがアウトドアであろうが,冬は寒いものです.

。・°°・(>_<)・°°・。

我が家では長女が産まれた5年前からエアコンオンリーで過ごしてきたのですが,エアコンって空気が乾きますよね・・・

火を使うストーブなら燃焼時に水を生成するので,ストーブを購入することにしました!

スポンサーリンク



アウトドアで使えるストーブ

アウトドアで使うストーブといえば,薪ストーブ・石油ストーブ・ガスストーブが思い浮かびますが,家でも外でも使うとなると,石油ストーブ一択です.

テントでもタープでもお部屋でも,
火を使う時は一酸化炭素濃度に注意しましょう!
燃焼により二酸化炭素が増える

酸素が少なくなる

一酸化炭素が発生する

石油ストーブ

一言で石油ストーブと言ってもいろんな種類があります.

機構面と熱の伝わり方を見てみましょう.

対流型

対流型に分類される石油ストーブはその形状が円柱型のものがほとんどです.

教室や集会場などでよく見かけるタイプですね.

このタイプは,まず上向きに熱が流れ,天井〜壁を伝って部屋全体を暖める特徴があります.

この原理で360度に暖かい空気を対流させます.

画像引用:ほかほかアカデミー

暖かい空気が対流するので対流型です.

屋外では対流しないので上部分しか暖かくありません.

スクリーンタープなどで周りが覆われている場合に活躍してくれそうです.(必ず通気を忘れずに!)

対流型石油ストーブには,遠赤外線を発生させるものを熱して,そこから発生する熱を利用するものと,炎の熱を利用するものがあります.

暖かいのは遠赤外線を発生させる器具がついているほうです.

反射型

反射型は,リフレクタを使って前面に熱を伝えるストーブです.

昔,実家で祖父が使っていた記憶があります.

熱源の周りを反射板が覆っていますので,ストーブの前と上はすごく暖かくなります.

ランタンのリフレクタと同じですね( ^ω^ )

画像引用:ほかほかアカデミー

アウトドアで使うなら