コールマン コーヒードリッパー & ポーレックス コーヒーミル

スポンサーリンク

いきなり嗜好品に飛んでしまったのですが,先日,妻の誕生日プレゼントに(と称して,なんとか理由をつけてキャンプ道具を揃えるため(^◇^;))コーヒーミルとコーヒードリッパーを購入しました!

スポンサーリンク



コーヒードリッパー

コーヒードリッパーはすでに決めており,

これです!

フィルタがいらないので,買い忘れによる在庫切れやキャンプに持っていくのを忘れたりする心配もないですし,何よりもステンレスで壊れにくいことが決定打になりました.

1段目を開けるとこんな感じ♪( ´▽`)

ここに粉を入れて,1段目にお湯を注いでコーヒーを煎れます.

( ´∀`)

コーヒーミル

せっかくなら豆から挽いて玄人感を出そうと,コーヒーミルを探しました.

これは迷いましたよ(^_^;)

昔に喫茶店でみたことあるのはこんな感じ

キャンプに持っていくのはどんなのが良いかさっぱりわからなかったです.

いろいろ迷った結果,選んだのはこれ!

理由?

小さくて,豆を挽くところがセラミックで,日本製ってくらいですd( ̄  ̄)

金属もステンレスで,しっかりした作りですo(^o^)o

豆を挽いて煎れてみよう!

豆を入れるところ

豆の細かさ〜荒さを調整するネジ

ネジを一旦すべて閉め,そこからの緩め具合で豆の挽きあがりの大きさを決めるのですが,コールマンのパルテノンコーヒードリッパーはメッシュフィルタなので,細挽きよりも中荒挽きくらいのほうが後片付けが楽です.

緩め具合ですが,1/8周ごとに小さな突起がひっかかり,”コン”って感触があります.
わたしは,8クリックくらい緩めたところで使用しています.

基本的に嫁さんとわたしだけが飲むので,豆の量はこのくらいですかね.

3つの部屋に分割している黒いプラスチック壁の上縁くらいにしています.

最初は,規定通りに2杯分20gを挽いてみたのですが,濃い・・・( ;∀;)

なんと,理由はドリッパーにありました!

通常のペーパーや布を使ったドリッパーは,ペーパーや布がコーヒーの油分を吸着してしまうようです.

しかし,パルテノンコーヒードリッパーはメッシュフィルタなので,コーヒーの油分が吸着されずにそのまま抽出されるのです!
d( ̄  ̄)

これは想定外の嬉しさ.

コクが深くて良い感じです.
♪───O(≧∇≦)O────♪

今まで棄てていたコーヒーの油分がこんなに美味しいなんて

( ;∀;)

もったいなかった・・・_| ̄|○

コーヒーの油分は酸化しやすく,早く飲んでしまわないといけません.

金属メッシュもペーパーも布もそれぞれ長所短所があるのですが,まあ好みで選べば良いんじゃないでしょうか.

淹れる時のコツ

最初に経験した失敗は,二杯分の豆を一度に全部入れてそれぞれのカップに順番に淹れたことです.

1杯目は濃いすぎて,2杯目は薄い・・・

なので,豆を一杯分ずつ分けるか,大きな入れ物で作ってからカップに分けることをオススメします.(2回目以降わたしは豆を分けています)

あと,気をつけることは,お湯が溜まっている状態で衝撃を与えると(軽くても)豆が逆流してしまうことですね.(見た目だけでコーヒーの品質には問題ありません)

お湯の一注ぎ目を少量にして少し蒸らしてから,3回くらいに分けてお湯を注ぐと良い感じになります!

購入以降は毎週末の朝にコーヒーを淹れ,部屋中に漂うコーヒーの香りを楽しんでいます♪(´ε` )

  良いキャンプを!!